手法

金属ラピッドプロトタイピング試作

金属ラピッドプロトタイピング試作

2472
ラピッドプロトタイピング(rapid prototyping)とは、製品開発で用いられる試作手法であり、文字通り、敏速(rapid)に試作(prototyping)するという意味になります。金属ラピッドプロトタイピングでは、粉末積層造形法と呼ばれる製造手法が多く用いられます。3DCADデータをスライスし(スライスデータ…
金属3Dプリンターハイブリッド造形の強度

金属3Dプリンターハイブリッド造形の強度

弊社がお客様に勧める造形方法にハイブリッド造形という手法があります。ハイブリッド造形とは下半分は今までの材料で加工頂き、その上に金属3Dプリンターで造形をする方法になります。この方法で作る事により価格が抑えられます。金属3Dプリンターでしか出来ない部分だけを造形する手法です。しかし、この場合下の母材に積み重ねる事により…
インコネル718金属3Dプリンター保有

インコネル718金属3Dプリンター保有

2644
インコネル718とは主に航空機系で使われる耐熱合金になります。今まではマシニング加工という手法を用いて削りだして部品づくりをしてきましたが、現在は金属3Dプリンターも新たな工法として使われ始めています。インコネル718という材料は切削がなかなか大変で、工具や方法等検討しないと手離れが悪くなってしまう鋼材の1つですが、金…
Return Top