接合

拡散接合と金属3Dプリンター協業

拡散接合と金属3Dプリンター協業

1309
拡散接合とは金属の面と面の接合で異なる材質、溶接では出来ない材質の接合が可能な工法です。接合材を加熱・加圧し、原子の拡散を利用して接合することにより3次元水管などの金型にも応用できます。しかし、加圧することにより小さい金型では圧力に耐えきれなかったり、また金型製作に時間がかかったりします。金属3Dプリンター金属の3Dプ…
異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

異種金属の接合も金属3Dプリンターで可能になる?

1483
金属の3Dプリンターは金属粉末にレーザーを照射して溶融させて製作して行きますが、その場合通常基準プレートと呼ばれる金属の板の上に貼付けながら造形して行きます。例えば、弊社の場合ですと基準プレートはS50Cを使用しておりますが、その上にマルエージング鋼を乗せていきます。そうするとS50Cにマルエージング鋼がくっついていき…
Return Top