時短

多品種少量生産に金属3Dプリンターを活用

多品種少量生産に金属3Dプリンターを活用

1182
中国を震源地として世界同時株安に歯止めがかからない様相を見せています。このような状況かではモノづくりが変わる可能性がありますよね。コストダウンや時短、方法の改善等をして行かなければ世界の市場とは戦えないからですね。実は株安になる前から、多品種少量生産に金属3Dプリンターを活用頂いているお客様がいます。金型レスはもちろん…
Return Top