材質

インコネル造形を強化

インコネル造形を強化

480
金属造形では材質により比較的簡単な材料と、難しい材料があります。弊社保有材料の4種類でもそれぞれの難しさがありますが、その1つにインコネルがあります。インコネルの造形では歪みと収縮をしっかり見極める必要がありますので、ぞれらをちゃんと考えた造形姿勢やサポート材の設計が必要となります。弊社では今回、このインコネル造形を強…
3Dプリンターでガラス製品まで作れるようになった??

3Dプリンターでガラス製品まで作れるようになった??

739
ドイツの某大学でガラスの3Dプリンターの開発に成功した模様。色々な物が3Dプリンターで作れるようになって行くんですね。先日の展示会ではセラミックの3Dプリンターが出ていました。考え方としてはまだまだ注目の技術で今その利用拡大に向けて材質を増やしたり、課題を克服したりという研究が盛んに行われているのでしょう。金属の3Dプ…
拡散接合と金属3Dプリンター協業

拡散接合と金属3Dプリンター協業

1632
拡散接合とは金属の面と面の接合で異なる材質、溶接では出来ない材質の接合が可能な工法です。接合材を加熱・加圧し、原子の拡散を利用して接合することにより3次元水管などの金型にも応用できます。しかし、加圧することにより小さい金型では圧力に耐えきれなかったり、また金型製作に時間がかかったりします。金属3Dプリンター金属の3Dプ…
金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

金属3Dプリンターのマテリアルデーター(材質特性)の見方

弊社で造形する金属にはマテリアルデーターシートという物が添付されます。ドイツのEOS社から提供されているデーターシートになっておりまして、「通常通りに造形をしていればこのような特性になります。」というような趣旨の物です。しかし・・これが残念ながら全て英語で書かれておりましてよくわからない・・とのご指摘も頂いております。…
金属用3Dプリンターで受託造形サービス

金属用3Dプリンターで受託造形サービス

978
金属用の3Dプリンターで受託造形サービスをさせて頂いております。金属用というだけあって当然金属を3Dプリント致します。使用材料はマルエージング鋼、アルミニウム、インコネル、チタン、ステンレスという材質になります。金属用3Dプリンターは樹脂とは大きく違いハイエンドな3Dプリンターになりますので価格も1台1億と非常に高額で…
金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

金属3Dプリンターで使う不活性ガスのガス装置

1753
金属3Dプリンターでは不活性ガスを用いて造形を進めて行きます。材質によりガスは異なりますが、窒素ガスとアルゴンガスを使用しています。窒素ガスの場合は窒素発生装置(チラー)があるのでガスは永遠に作り続けられますが、アルゴンガスの場合は外から引き込む形となります。弊社ではアルゴンガスの使用頻度が多いため液体アルゴンを採用し…
アルミニウム造形技術

アルミニウム造形技術

1251
アルミニウムの造形技術に関してのお問い合わせが増えております。アルミニウムの金属造形は難しいと言われてきました。それはレーザーの反射率と歪みの問題ですが、アルミニウムも特定の材質ですが金属3Dプリンターで造形できるようになりました。しかし、全ての形状に対して3Dプリントできる訳ではありません。出来ない形状ももちろんあり…
金属3Dプリンターの見積りの取り方

金属3Dプリンターの見積りの取り方

どの3Dプリンターでも共通に言える事は3Dモデルが必要ということです。金属3Dプリンターでも同じ事が言えます。弊社でも3Dモデルを必要としております。お客様にご用意頂くのは3Dモデルデーター(拡張子はSTL、STEP、IGES等)です。そして必要な情報としては材質と仕上、熱処理の有無になります。これらの情報を基に弊社で…
鉄でもアルミほどの軽量化が可能

鉄でもアルミほどの軽量化が可能

1661
金属3Dプリンターの付加価値は今まで出来なかった構造を作る事が出来る事です。材質は鉄がよくてアルミほどの軽量化ができたら・・とお考えの方もいらっしゃいます。金属3Dプリンターは内部構造まで製作できる為に中身がスカスカな金属の塊を作る事が可能なんです。どんな部分に使いたい・・または使っているか等は機密保持上お話しする事は…
ステンレス SUS316L金属3Dプリンター造形

ステンレス SUS316L金属3Dプリンター造形

1689
ステンレスの金属3Dプリンターの要望も非常に多いです。特に関東のお客様からの引き合いが多い傾向です。ステンレスの種類はSUS316Lですが、この材質は非常に造形に時間がかかります。弊社取り扱い材料の中でも一層辺りの積層厚みが0.02mmと一番小さいのです。それでもステンレスのご要望が高いのは、納期というアドバンテージが…
Return Top