樹脂

3Dプリンターの祭典開催 金属、樹脂、石膏、宇宙、医療、次世代。

3Dプリンターの祭典開催 金属、樹脂、石膏、宇宙、医療、次世代。

1006
2017年2月15日から「3D Plimting 2017」が東京ビックサイトにて開催されます。金属、樹脂、石膏などの3Dプリンタービューローや技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構など最先端の3Dプリンター技術がズラリとならぶ祭典です。日本では3Dプリンターがこれほど集まる展示会はほとんどないのでご来場頂ける…
3次元水管とは?

3次元水管とは?

最近ダイカスト金型や樹脂金型の中に3次元水管を配置する技術が注目されています。3次元水管とは、左図のように自由に水管を配置する事が出来る技術の事を指します。この技術を使った金型は成形サイクルタイムを短くする事ができます。熱溜まりがあった部分に水管を通す事が出来るようになったので均一に冷却が出来るようになったことが大きい…
積層ピッチとは

積層ピッチとは

3Dプリンターの話の中には「積層ピッチ」という言葉が頻繁に出てきます。この言葉は樹脂の3Dプリンターでも金属の3Dプリンターでも使われます。一言で言ってしまえば「積層厚み」の事をさしています。皆様がよく見る病院での「CT画像」は3Dプリンターにおける「スライスデーター」というものになります。このスライスデーターを3Dモ…
3次元水管の可能性(お客様の声)1

3次元水管の可能性(お客様の声)1

659
金属3Dプリンターではダイカスト金型や、樹脂金型、ダイクエンチの中に自由に冷却回路を組みむことが出来ます。しかし、まだ3次元水管については金型業界に広まっている訳ではありません。理由の1つには金属3Dプリンターで作ると高くなるという事と、保守的な金型業界では知っていても周りの出方をうかがっている感もあります。しかし、メ…
満員御礼!ありがとうございました

満員御礼!ありがとうございました

599
先日開催されました「金型展2016」にたくさんの方々にご来場頂きありがとうございました。また、弊社セミナーも初日にもかかわらず満員を頂きありがとうございました。金属3Dプリンターが金型に応用され多くの企業様がその効果を実感されております。少しでも多くの皆様にその事実を伝えたくてお話をさせていただきました。弊社ブース内で…
金型への活用事例が続々と

金型への活用事例が続々と

793
金属3Dプリンターの仕事内容は少しずつ変化をしています。以前は試作品を中心にお仕事を頂いておりましたが、最近では金型での受注が急激に増え始めております。ダイカスト金型、樹脂金型での応用が世の中に浸透し始めてきたのかもしれませんし、実際サイクルタイムが半分に縮まっている事例も多く出てきたおりますのでそのような事を小耳に挟…
金型製作を金属3Dプリンターで

金型製作を金属3Dプリンターで

1789
色々ニュースにはなっておりますが、弊社では金属3Dプリンターで金型製作を行っております。樹脂金型、ダイカスト金型に限った話ですで3次元水管を配置し成形サイクルタイムの向上が確認できております。特に注力しているのがダイカスト金型です。温度も高く、問題も多いこの金型に3次元水管を入れてみると焼き付き減少、ヒケの減少、サイク…
プレス金型への金属3Dプリンター応用事例

プレス金型への金属3Dプリンター応用事例

1601
今まで樹脂金型やダイカスト金型への金属3Dプリンター製作品は数多くさっせて頂きましたが、最近の展示会等のお客様にはプレス金型に応用できませんか?と質問される事が多くなりました。樹脂金型やダイカスト金型には3次元水管という大きな付加価値がありますので、少々値が上がっても・・とは思いますが、プレス金型を金属3Dプリンターで…
3Dプリンターの造形基礎(円)

3Dプリンターの造形基礎(円)

3Dプリンターは積層造形と言われるだけあって、一層一層の積み重ねで出来ていきます。積層ピッチは別として金属3Dプリンターでも樹脂3Dプリンターでも変わりはありません。そのおかげで皆様が思っている現象と違う場合も多くあります。その最たる例が円です。円を造形するのにも一層一層の積み重ねで作りますので、厳密に見ると円は階段で…
金属3Dプリンター、サポート材の付け方が鍵

金属3Dプリンター、サポート材の付け方が鍵

2064
3Dプリンターの仕組みの中にサポート材というものが付着せざるを得ないという問題があります。樹脂に限った話ではなく金属も全く同じです。むしろ金属の方が必要としているくらいです。2013年から金属3Dプリンター受託造形事業を始め、散々苦労してきたこのサポート材・・・・・私たちの苦労の積み重ねにより、取りやすいサポート材の付…
Return Top