状態

金属3Dプリンターはニアネットシェイプ

金属3Dプリンターはニアネットシェイプ

633
金属3Dプリンターでは試作品のニアネットシェイプになります。ニアネットシェイプ(Near net shape)とは完成品に近い状態に仕上げることを指します。通常の金属加工では四角い材料を購入して削り出して作っていきますが、金属3Dプリンターではニアネットシェイプの材料を購入するイメージになりますので、粗加工や中仕上げ加…
純チタンの造形パラメーター

純チタンの造形パラメーター

413
いよいよ純チタンの造形を本格的スタートしました。以前はテスト造形のみでしたが、今回はもう少し本格的なひっぱり試験棒の造形と疲労試験用の試験棒になります。いわゆる純チタンのパラメーターが完成した状態にあるということです。が・・・溶融率だけを見るわけにも行かないので、純チタンの特性をしっかり出せているのかを試験します。純チ…
金属3Dプリンターメーカーの熾烈な争い

金属3Dプリンターメーカーの熾烈な争い

11999
2013年から現在に至まで日本にも多くの金属3Dプリンターが販売されてきましたが、ここにきてやや飽和状態であると言われています。その要因はやはり装置の価格。今現在での価格幅も6000万から3億まであります。どの金額をチョイスしても割高感は否めません。しかし、金属3Dプリンターメーカー(工作機械メーカー)は尚も最新の装置…
今年の金属3Dプリンターは材料開発も視野に

今年の金属3Dプリンターは材料開発も視野に

1651
昨年はたくさんのお客様とお話しさせて頂きましたが、一様に金属3Dプリンターの不満点を聞くと材料が使いたいものと違う・・という事です。弊社としてもそれはわかっていますが、デフォルトの状態を使いこなせないのに新しい材料開発などうまくいくはずもないと思い、今までその部分に関しては見て見ぬフリをしてきました。しかし、そろそろ材…
金属3Dプリンター造形スケジュール

金属3Dプリンター造形スケジュール

1475
受注がかなりタイトになっていますのでご連絡致します。現在の造形スケジュールは9月最終週の空きのみとなっております。3台ともフル稼働状態になっていまして造形とともに行うサポート除去が間に合わない状況です。ご迷惑おかけしますが何とぞご了承下さい。アルミの造形に関しては造形前準備が6時間ほど必要となります。早めのご注文お願い…
Return Top