製造

名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

名古屋銀行 金属3Dプリンター製造技術革新セミナー

173
昨日は名古屋銀行様に主催して頂いた「金属3Dプリンター技術革新セミナー」でお話をさせて頂きました。あれだけの皆様が金属3Dプリンターにご関心があるのかと思うとまだまだPR不足だなと・・逆に感じてしまいます。しかし、金属3Dプリンターの技術を正しく理解して頂く為にもこの様なセミナーは今後もしていきたいと思います。金属3D…
医療機器製造登録、間もなく取得完了

医療機器製造登録、間もなく取得完了

302
金属3Dプリンターを使った医療機器製造登録を間もなく提出できるところまでこぎ着けました。医療機器製造登録とは・・医療機器製造販売業者の委託を受け、製品の製造を行なうもので、認められているのは製造だけであって医療機器製造販売業者のように医療機器の承認・認証申請をしたり、医療機器を医療機器販売業者に売ったりすることはできま…
金属3Dプリンターの粉末製造に関する技術動向

金属3Dプリンターの粉末製造に関する技術動向

982
金属3Dプリンターの粉末について調査しているところからまとめの結果を頂きました。弊社のようなサービスビューローでは金属粉末の安価な提供を待ち望んでいます。同時に品質の向上等にも非常に興味があるところですが・・簡潔に言いますと、現段階では各3Dプリンターに合わせて最適化をする必要があり使用されている全ての金属3Dプリンタ…
ネットで3Dプリンター

ネットで3Dプリンター

582
3Dプリンターの話題が急にマスコミで取り上げられて「すげ〜」って思ったのは僅か3年前。3年も経つと一通りの人が「3Dプリンター」という言葉は知っているみたいですね。一昨年はマスコミ率が非常に高く、テレビ、新聞などでもたくさん取り上げられていました。中でも印象に残ったのが・・これ http://news.yahoo.co…
注目を集める大型金属3Dプリンター

注目を集める大型金属3Dプリンター

1515
先日開催された「設計製造ソリューション展」でひときわ目立っていたのが「株式会社松浦機械製作所」のLUMEXAvance-60という600角の金属3Dプリンターです。もちろんの弊社でも数人が見にいきましたが、人ごみがすごくて中々たどり付けない。それほどたくさんのお客様がLUMEXAvance-60の周りに群がりました。弊…
金属3Dプリンター 医療への道

金属3Dプリンター 医療への道

1184
会社立ち上げ当初から医療分野のお話は多く頂いておりますし、コンソーシアムにも参加しています。随分長い間暖めてきましたが、ついに医療機器製造登録をする事にしました。それは形が見え始めたから・・と言っても過言ではないです。病院の教授様とも長きにわたり打ち合わせを重ね、販路とニーズが合致したという事です。医療分野では一品一様…
金属3Dプリンターを使う動き活発に

金属3Dプリンターを使う動き活発に

1214
金型や溶接を必要とせず3Dモデルデーターを基に様々な造形が可能な金属3Dプリンター技術。世界の航空宇宙産業界で、この技術を用いた部品製造に着手する動きが高まっています。その主な考え方として航空機の軽量化。それに伴う温室効果ガスの排出削減が可能になるとされています。さらにGEのように様々な部品を一体化で作ってしまう事によ…
金属3Dプリンタ・シンポジウムパネラーとして参加します。

金属3Dプリンタ・シンポジウムパネラーとして参加します。

3Dプリンタによるものづくりは、今後大きく発展する可能性を秘めており、当地域の産業においても、 その活用が重要となっています。名古屋市工業研究所では、東海地域の公設試験研究機関と連携して、3Dプリンタ等を活用したものづ くり支援を進めています。このたび、金属3Dプリンタの活用に関するシンポジウムを開催します。金属3Dプ…
早くもSodick金属3Dプリンター60台販売?

早くもSodick金属3Dプリンター60台販売?

3140
金属3Dプリンターの普及が加速しているようなニュースが入りました。ソディックが早くも金属3Dプリンター60台製造したとのことです。金型を中心に販売を拡大しているようです。樹脂金型の3次元水管を中心に普及していると思われますが、加工機とのハイブリッド化で販売をのばしております。このまま拡大して行けば金型のスタンダードが変…
宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

宇宙産業にとって必須の技術、3Dプリンター

1671
JAXAでは「少量多品種生産が得意な金属3Dプリンタは、人工衛星などの宇宙機で使用する部品に適した製造方法であり、将来の宇宙産業にとって必須の技術となり得る。」と位置づけています。しかし、金属3Dプリンターでの造形品がそのままで使える訳ではないので、日本の金属加工技術との融合で新たな工程を模索しています。それは数々のテ…
Return Top