設備

3次元水管金型の検査機器まもなく完成

3次元水管金型の検査機器まもなく完成

807
以前からお客様から強く要望されております3次元水管の検査機器がまもなく完成致します。詳細はここではお話しできませんが、3次元水管がちゃんと出来上がっている保証にもなりますし、圧力試験なども実施しますので今までより安心して3次元水管をお使いになれます。この設備は自社開発品となっておりまして、お客様の要望を集約して製作させ…
金属3Dプリンターの保守点検

金属3Dプリンターの保守点検

916
弊社では今週金属3Dプリンター3号機の保守点検を実施しております。(定期点検)金属3Dプリンターはかなり繊細な設備で半年に一回の保守点検を実施していかなければなりません。高額な部品が実装されている設備なので点検を怠るとそれなりのリスクが生じてきます。今日は具体的にどんな箇所の点検をするかをご説明させて頂きます。光学系金…
3Dプリンター用金属粉末素材について

3Dプリンター用金属粉末素材について

1353
弊社では常時3Dプリンター用の金属粉末素材を(設備=マックスサイズ)×設備台数 分、確保しております。金属粉末素材は湿度から守られしっかりした管理のもと保管しております。使用している金属粉末素材はドイツからの購入品になります。若干価格的には高くなってしまいますが、金属密度や強度の確保の為現在のところ仕入れを変えるつもり…
6月30日 EOS機 4号機搬入決定

6月30日 EOS機 4号機搬入決定

852
金属3Dプリンターの4台目。EOS EOSINT M280 4号機が6月の30日に正式に搬入予定となりました。約3日間導入調整等が行われますので、7月の第2週目後半から稼働できる状態となる予定です。この設備は「オープンパラメーター」を搭載しており、今まで出来なかったパラメーターの可変が出来るようになります。この機能を搭…
3Dプリント後の設備管理について

3Dプリント後の設備管理について

金属3Dプリンターは非常に繊細な設備です。湿度、気温にも大きく左右されます。そこで本日は3Dプリント後の設備管理の状況をご説明したいと思います。3Dプリントが完了して製品を取り出した後には必ず実施しなければならない事があります。まずは3Dプリントしている動画をご覧下さい。見て頂いた通り、造形中には少なからず煙とヒューム…
当たり前ではない金属3Dプリンターの事

当たり前ではない金属3Dプリンターの事

980
みなさんの多くのが誤解している事・・それは金属3Dプリンターはボタンを押せば最後まで自動でしてくれるということですね。そんなことは決してありません。本当ならそうであって欲しいと思いますが、残念ながら設備はなんらかのトラブルで停止します。停止の一番の大きな理由が、造形物の歪みです。わずかな歪みでもリコーティング時にひっか…
新規設備(金属3Dプリンター)検討に入る

新規設備(金属3Dプリンター)検討に入る

1159
今年に入り造形が空く日がなくなってしまいテストやチャレンジが出来なくなってきております。金属3Dプリンターはノウハウの塊ですので常に新しい造形方法にチャレンジしていかなくてはなりません。失敗も糧とできるようなチャレンジが出来なければこの設備を保有する意味がありません。そこで状況を見ながらになりますが新規設備の検討に入っ…
マテリアライズカンファレンスに参加してきました

マテリアライズカンファレンスに参加してきました

1015
先週木曜日、金曜日とマテリアライズのカンファレンスに参加してきました。欧米と日本の差をまざまざと見せつけられました・・・日本の金属3Dプリンターは10年遅れていると勝手に想像していましたが、残念ながらもっと遅れています。設備自体も遅れているのですが、それにまつわるソフトも完全に遅れを取っていました。そしてその差は更に開…
EOS社、EOSINT M280 M290の特徴

EOS社、EOSINT M280 M290の特徴

4683
EOS社のEOSINT M280、M290の特徴を聞かれることが増えてきました。設備を購入しようとする企業様が増えてきた証拠ですね。そこで使っている私たちの感想や、なぜEOS社を選んだかなど詳しい事を聞かれます。そしてもちろん工場見学もされていきます。弊社ではお客様には正気な感想を申し上げております。もちろんいい事も悪…
金属3Dプリンター造形の価格

金属3Dプリンター造形の価格

3070
金属3Dプリンターが世の中で騒がれ始めて一方で皆様がご心配されるのは造形品の価格ではないかと思います。もちろん新しい技術でもありますし、設備費もまだまだ高額なのでそれに伴い金属3Dプリンターで作ったものは価格が高いだろうな??と思っていらっしゃる方が殆どだと思います。しかし、金属3Dプリンター造形品の方が安い場合も多々…
Return Top