金属

新たな粉末への挑戦

新たな粉末への挑戦

106
弊社ではお客様が持ち込んだ金属粉末でも造形をさせていただいております。しかし、すぐに造形できるわけではありません。レーザーのパラメーターを触り、出力や速さ、厚みなどを調整し造形できるのかどうかの検証やパラメーター開発をしております。その手法も確立しており、お客様に提案や相談などさせていただきながらテストをしております。…
金属3Dプリンターで量産は可能なのか?

金属3Dプリンターで量産は可能なのか?

128
ここ最近、お客様から金属3Dプリンターを使用して量産はできるか??と聞かれますが、現段階での見解を申し上げますと、大量生産は不可能?です。できない理由はいくつかあります。一つに価格の問題です。 大量生産は価格にも直結してきますので、現在の工法より安くできなければ意味がありません。それも踏まえて検討すると、1台1億近くす…
金属3Dプリンター造形品の見積もりの方法

金属3Dプリンター造形品の見積もりの方法

金属3Dプリンター造形品のざっくり価格は?金属3Dプリンターの造形に興味が出てくると、価格が知りたくなるものです。よく、お電話頂くのが100角(サイコロ)でいくら??というザックリ見積もりです。鋼材の見積もりであればそれでいいのですが、金属3Dプリンターの場合は積層回数・・つまり厚みや面積・・そして使った材料費等で構成…
自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け

自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け

142
金属3Dプリンターの受託造形の仕事の大半が自動車産業が中心になっています。というと・・期待してしますよね??今後自動車産業でもっと金属3Dプリンターが使われて行くのかも??と感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、実態は少し違います。まずは量です。通常切削加工などされている企業様では、あふれんばかりの仕事を抱えてい…
金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる

金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる

141
先日開催されました「Tech Biz 2019」でも医療機器関連の講演をさせていただきましたが、金属3Dプリンターの医療機器への感心が高まっているように感じます。もう、皆様ご存知のように金属3Dプリンターは一品一様の製品を作ることに長けています。逆を言えば自動車産業のような大量生産には不向きな工法です。医療の世界では、…
本日よりTech Biz2019開催

本日よりTech Biz2019開催

103
2019年度からは展示会の参加は見送りますので、弊社としては今年度これが最後の展示会となります。展示会の参加は会社の立ち上げ以来毎年どこかに参加してきましたが、しばらくは展示会からは姿を消すことになります。金属3Dプリンターのマーケットは着実に大きくなっていますが、そのスピードは「亀」に例えていいほどゆっくりです。そし…
人工関節研究会講演「加工技術からカスタムメイドインプラントの可能性」

人工関節研究会講演「加工技術からカスタムメイドインプラントの可能性」

96
2月7日名古屋吹上ホールにて人工関節研究会が開催されます。弊社としては「加工技術からカスタムメイドインプラントの可能性」という演題で講演させていただきます。金属3Dプリンターを用いたカスタムメイド人工股関節の研究に4年前から取り組み、サポインの採択も受けながら事業化への道を歩んでおり、それらの研究成果から可能性を探って…
2019年 あけましておめでとうございます。

2019年 あけましておめでとうございます。

400
新たな年を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。はじめに、昨年も大変多くのお客さまに金属3Dプリンター受託サービスをご利用いただきましたこと、改めまして御礼を申し上げます。2013年9月に株式会社J・3Dができて6回目新年を迎えます。いつも、新年を迎えると今年はどうなるのか・・と不安ですが、リピートのお客様にも支え…
エスパー伊東も股関節症 金属3Dプリンターの人工股関節研究

エスパー伊東も股関節症 金属3Dプリンターの人工股関節研究

519
本日のニュースでも流れておりましたが、エスパー伊東さんが股関節症で休業ということです。以前だったら股関節症と聞いても興味はわきませんでしたが、今は金属3Dプリンターを使用したカスタムメイド人工股関節の研究に取り組んでいるので内容はよくわかります。股関節症は女性がなりやすい病気で、大腿骨と骨盤の寛骨臼と言われるところが磨…
日本最速試作品製造の製造方法とは?

日本最速試作品製造の製造方法とは?

3231
最速の金属試作品の製造方法だと思いますか??切削加工??鋳造?ロストワックス?MIM?色々な既存工法もございますが、実は最速は金属3Dプリンターなのです。金属3Dプリンターの能力を最大限に生かすには納期というアドバンテージを忘れてはいけません。小さな部品でも、大きな部品でも実は少量の試作品を作るスピードは金属3Dプリン…
Return Top