開発

金属3Dプリンターの技術はひと段落??

金属3Dプリンターの技術はひと段落??

410
2013年に金属3Dプリンターを購入して、今は2018年。技術の進化を期待していましたが、メーカーの開発はソフトウェアだったり、大型機だったりと私どもが望んでいる技術革新は進んでいないように感じます。私たちが望む技術革新とは、速度が格段に早くなったり、精度が向上することを指しますが、なかなか思ったような新製品は出ていま…
海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

海外ではさらに加速 金属3Dプリンター造形

443
欧州や米国を中心に、研究開発から自動車関連や航空・宇宙関連分野などでの部品製造用途まで採用が進みつつあります。市場規模も2016年比で2022年には3倍になるとも予測されているそうです。日本での金属3Dプリンターは設備台数の伸びはあるものの、マーケットの伸びは、とてつもなくゆっくりで慎重です。世界の考え方と日本の考え方…
金属3Dプリンター用粉末開発相次ぐ

金属3Dプリンター用粉末開発相次ぐ

1035
日本での金属3Dプリンター用の粉末開発が盛んに行われています。昨日も色々説明を受けましたが、資料をみると金属3Dプリンター造形の市場は2025年には2000億にも成長するそうです。あくまでも3D造形マーケティングの結果より算出との事ですが航空宇宙・金型等の高付加価値品を中心に成長するとの事です。金属粉末のテストについて…
今年も1年ありがとうございました

今年も1年ありがとうございました

553
今年も1年金属3Dプリンターをご愛顧いただきましてありがとうございました。今年は経済産業省からサポインを採択され(サポイン採択者一覧→http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2017/170728SenryakuKoubo1.pdf)医療機器の開発にも注力して来ました。来年早…
金属3Dプリンター事業開始から4年

金属3Dプリンター事業開始から4年

720
株式会社J・3Dが金属3Dプリンター事業を開始してから早くも4年が経過致しました。この4年間で多くのお客様と出会いそしてお仕事を頂いてきましたが、まだまだ金属3Dプリンターの技術は向上して行きます。もちろん弊社の技術力も企業努力としてUPさせていますが、新たな金属の開発であったり、医療分野への進出であったり過去とは違う…
電気自動車開発加速で金属造形が出来る事は?

電気自動車開発加速で金属造形が出来る事は?

764
いよいよ電気自動車の量産化の動きが加速してきました。今までの考えのビジネスモデルでは通用しない時代が近づいてきたように感じます。金属造形でも同じ事が言えるのかもしれません。自動車の試作品を多く手がけてきましたが、これらの試作品の様相は変わる可能性が高いという事になりそうです。次に目を向けなければならないのは電気部品?に…
3Dプリンタを活用した軽量・高強度造形の 開発・技術動向と適用事例及び今後の展開

3Dプリンタを活用した軽量・高強度造形の 開発・技術動向と適用事例及び今後の展開

来週8月2日「3Dプリンタを活用した軽量・高強度造形の開発・技術動向と適用事例及び今後の展開」のセミナーを開催致します。まずはじめに「トポロジー最適化と3Dプリンタの連携がもたらす相乗効果 ~軽量化設計プロセスと適用事例~」についてのお話をアルテアエンジニアリング㈱ 営業技術部 シニアテクニカルマネージャ 阿部 大生氏…
金属3Dプリンターでの新粉末開発の需要増

金属3Dプリンターでの新粉末開発の需要増

922
ここ最近の受注の中には、この金属粉末を使って造形をお願いしたい!という依頼が増えております。これらの材料は今まで金属3Dプリンターで造形した事の無い金属粉末ばかりです。このような依頼は弊社では喜んで受けさせて頂いております。テスト内容、テスト材料はここで明かす事はできませんが、お客様が望む金属を造形していきたいのは弊社…
3Dプリンター関連のソフトウェア充実の兆し

3Dプリンター関連のソフトウェア充実の兆し

953
このところ弊社3Dプリンター用のソフトウェアの紹介をして頂ける企業様が来社しています。今まであまり充実していなかった部分にようやく光が当たり始めたと言えます。特に気になるのは「AUTODESK NETFABB」です。話に聞くとドイツのサービスビューローが使っている??開発した??(あやふやですいません)ソフトだそうです…
金属3Dプリンター新素材開発研究

金属3Dプリンター新素材開発研究

1441
金属3Dプリンターにて新素材のプロセスで重要になるのが金属の密度です。通常金属3Dプリンターでの造形品の密度速度に使われるのが「アルキメデス法」ですが、それはもっと後のプロセスの話です。新素材開発のはじめの取りかかりとしては、造形品の中に巣(ポア)ができていないかが重要になります。目でハッキリ確認できるような巣は論外で…
Return Top