3D

3Dデーターがない物を解析したいとき リバースエンジニアリングサービス

3Dデーターがない物を解析したいとき リバースエンジニアリングサービス

787
3Dの計測の場合、当然図面がありそこに指示された寸法に基づき測定し合否を判定する物ですが、図面が存在してないので解析が出来ないとの声も多くあります。接触式の3次元測定器で試してもそこには限界があり出来ない場合もありますが、非接触式スキャニング装置を使えば解析をする事が可能です。特にRの大きさなど測定できなかったところは…
3D技術活用セミナー アンケート結果【IN京都】

3D技術活用セミナー アンケート結果【IN京都】

617
先日京都で開催されました3D技術活用セミナーのアンケート結果を頂きました。皆様やはり金属3Dプリンターへの関心が高かったのだと実感致しました。セミナーに参加して頂いた80名のうち56名の方にアンケートを書いて頂き感謝申し上げます。セミナーへの満足度大変満足した。    21名概ね満足した。    34名どちらでもない。…
金属3Dプリンター技術最前線 講演

金属3Dプリンター技術最前線 講演

1929
3D技術活用セミナー 「金属3Dプリンタ技術の最前線」 [7月20日(水)] 3Dプリンター(Additive Manufacturing:AM)、3Dスキャナなど3Dツールの普及により、多様なユーザニーズに対応したものづくりの隆盛が期待されています。一方、3Dツールを活用するためには、これらツールの特徴を理解し、また…
驚愕!3Dプリンターで金属加工

驚愕!3Dプリンターで金属加工

1393
金属加工には切削、鋳造といった方法が多く用いられますが、最近では3Dプリンターで金属加工できるということ・・知っていましたか?3Dプリンターの技術は日々進歩し、試作からついに製品にまでなりうる金属を作れるようになっています。しかし、3Dプリンターは切削加工屋さんや鋳造屋さんの敵ではありません。よくそのような誤解を受けま…
米3D SYSTEMS製?金属粉末焼結3Dプリンタ「ProX DMP 320」の販売開始

米3D SYSTEMS製?金属粉末焼結3Dプリンタ「ProX DMP 320」の販売開始

2144
キャノンマーケティングジャパンが米3D SYSTEMS製の金属粉末焼結3Dプリンタの新しいモデルとなる「ProX DMP 320」の販売を開始しました。話によるとベルギーの金属3Dプリンター(LayerWise社)を買収??と聞きました。酸素濃度が低くチタンやアルミ造形等に適しているそうです。ところが・・現在では設備を…
金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

金属3Dプリンター造形の3Dデーターファイル形式について

見積りのメールや電話を頂くことが多くありますが、「ざっくりした見積りが欲しい」という要望が多くあります。その上で回答すると「高いね」と言われます。ざっくりした見積りとは、どんな形状でも四角にしてしまい、大きさだけの判断で見積りをさせて頂く事になるので実価格とは全く異なります。見積りの際は3Dデーターを頂けると、しっかり…
3D造形とは

3D造形とは

1330
3Dプリンター、3D造形、アディティブマニュファクチャリング、ラピットプロトタイピング。様々な呼び方がありますが3Dプリンターの中では造形という言葉をよく使います。機械加工や金型加工と違い、削るとか、押すとかではなく、文字通り「造形」形を作り込んで行くという意味になります。3Dプリンターの場合はこれを「積層造形」と言い…
光産業創成大学院大学セミナーアンケート結果

光産業創成大学院大学セミナーアンケート結果

1034
先日開催されましたセミナーのアンケートを光産業創成大学院大学から頂きました。詳しいお話は「機密保持契約」が多い為お話しできませんでしたが、何かの相談がある際はご連絡ださい。アンケート結果・レーザー応用を実践している起業家の体験談を知ることができて、参考になった。・肉盛りのメカニズムについて理解が深まった。・積層造形で発…
3D造形技術展出展します

3D造形技術展出展します

12月2日から開催の3D造形技術展に出展させて頂きます。出展するだけでなく、逆に勉強の機会でもありますので3Dプリンターの造形品をたっぷり見てこようと思います。3Dプリンターの可能性は無限にあるので、色々な展示品を見る事はある意味ヒントにもなります。弊社ブースにも色々なサンプル品が展示されますので是非手に取ってご覧にな…
愛知産業主催、SLM「3D金属積層造形セミナー」に参加

愛知産業主催、SLM「3D金属積層造形セミナー」に参加

1412
昨日は東京大井町にて愛知産業主催のSLM「金属積層造形セミナー」に参加してきました。特に興味深かったのはGEの動向です。どこまで進んでいて、どのような考えなのかという点です。そもそも欧米では3D金属積層造形に関しては実用化に向け色々な研究がなされてきました。そういう意味では日本はかなりの後発国になります。だからといって…
Return Top