3D

3D計測受託サービス

3D計測受託サービス

1080
今月からATOSが導入されリバースエンジニアリングサービスが開始されましたが、当然の事ながら3D計測の受託サービスも開始されております。接触式の検査では出来ない計測が非接触式では可能になります。また点の検査データではなく、面の検査データーとしてお渡しが出来ます。CAD図との比較データーを見ればどこがどのようになっている…
3Dプリントサービスをお探しなら

3Dプリントサービスをお探しなら

989
3Dプリントを生業としている企業様が多くなってきました。しかし、どんなところのにお願いしたら良いかわからない方も多いと思いますのでよく使われるサービス企業10社をご紹介したいと思います。3Dプリントサービス10選DMM.make  ご存知の方も多いと思いますがインターネットで手軽に3Dプリントサービスを提供しております…
いよいよスマホ3Dスキャナーの時代

いよいよスマホ3Dスキャナーの時代

1364
先日開催された「3D Printing2016」でも紹介されていましたが、スマホ3Dスキャンの時代が到来です。3Dプリンターを購入してもデーターが作れないなど問題がありましたが、3Dスキャナーが手軽に身近なスマホで出来るとなれば話は変わります。作りたいものがなんでも作れるようになってしまいます。が・・そこにはまだ色々制…
ビックサイト3D Printing の競演始まる

ビックサイト3D Printing の競演始まる

1270
いよいよ明日から3D Printing 2016が東京ビックサイトで始まります。3Dプリンターのメーカー様や代理店様、またはビューローや国プロまで幅広く出展致します。最新の技術の展示もあるかと思いますし、樹脂から金属まで色々な3Dプリンターが見れたり情報が集まる展示会になっております。弊社も小さいながらもブースを構えさ…
3Dプリンターには3Dデーターが必要

3Dプリンターには3Dデーターが必要

1303
当たり前の事ですが、金属に限らず3Dプリンターには3Dデーターが必要となります。家庭用3Dプリンターが一時期話題になりましたが、3Dモデルを作るCADスキルがなければ動かす事も出来ません。そこで今話題になっているのがデーターの販売。3Dモデルを作るクリエイターがモデルを作成し販売するといった個人商店の様なものですが、非…
金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

金属3Dプリンター造形に於けるアスペクト比(造形ルール)

アスペクト比という言葉は一般生活の中ではあまり使う言葉ではありませんが、例えばテレビの縦横の比率はアスペクト比と言います。簡単に言えば縦横の比率のことをアスペクト比と言うのですが、金属3Dプリンター造形に於いてもこのアスペクト比というものが存在します。金属3Dプリンターに於いてのアスペクト比は1:8。底面の長さが8倍ま…
3Dプリンターで使用する金属粉末材料は大トロ

3Dプリンターで使用する金属粉末材料は大トロ

金属粉末積層造形という分類の金属3Dプリンターでは非常に細かい金属粉末材料を使います。弊社で使う材料も10μm~60μmの金属を粉末を使います。金属粉末材料は球形状である必要があるのでガスアトマイズ法にて作りますが、このガスアトマイズ法で作ると大きな粒径から小さな粒径、様々な大きさの金属粉末が出来上がります。先ほどもお…
Return Top