ステンレスSUS316L金属3Dプリンター造形品の強度

いつもステンレス造形の件、SUS316Lの金属3Dプリンター造形のお問い合わせを頂きありがとうございます。

本当はお客様もSUS303とか304で金属造形したいみたいですが、今はまだできませんのでSUS316Lで我慢していただいており心苦しく思っております。

皆様が思っているよりSUS316Lの造形は難しく、造形積層厚みも0.02とほんの少しづつしか積み上げることができません。 “ステンレスSUS316L金属3Dプリンター造形品の強度” の続きを読む

3Dプリンター加工業者をお探しなら

3Dプリンター加工業者をお探しなら株式会社J・3Dをご用命下さい。

マルエージング鋼、チタン64、インコネル718、アルミニウム、ステンレス、の材質で金属3Dプリンター加工させて頂きます。

特に試作開発分野では短納期という事で非常に喜ばれております。

株式会社J・3Dでは世界シェアNo1のEOS社のEOSINT M280 M290 合計3台保有しておりますので急なご依頼でも対応できます。

時間がない・・・・加工がメンドクサイ。。などなど試作開発をより早く提供するサービスになっております。

ご依頼の際には3Dモデルデーター(STL、IGES、STEP等)が必要になります。データーが届き次第お見積もりをさせて頂きます。

3Dデータ

ステンレス SUS316L金属3Dプリンター造形

ステンレスの金属3Dプリンターの要望も非常に多いです。特に関東のお客様からの引き合いが多い傾向です。

ステンレスの種類はSUS316Lですが、この材質は非常に造形に時間がかかります。弊社取り扱い材料の中でも一層辺りの積層厚みが0.02mmと一番小さいのです。

それでもステンレスのご要望が高いのは、納期というアドバンテージが高いからでしょうか。

試作開発部品での錆の懸念からステンレスを選ばれるのでしょうか??その辺りのマーケーティングは機密になって中々弊社でもつかみづらいのが現状です。

錆びない材料と言えばステンレスに行きがちですが、実はマルエージングも錆びにくい材料です。しかもSUS316Lより価格的には抑えられます。しかし、磁性体な為非磁性がご希望ならステンレスをお勧め致します。

使う用途などをご教示頂ければ、材質のご提案もさせて頂きます。

ステンレス金属3Dプリンター