手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

GEアディティブゼネラルマネージャーモハメッド・エテシャミ氏談

エテシャミ氏がこう話していてのはもう2年前。

あれから2年・・日本の金属3Dプリンター動向はどうなってのでしょうか?

私の独自調査によると金属3Dプリンターの販売台数は横ばいから少し落ちている状況。 “手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある” の続きを読む

金属3Dプリンター造形需要

ここ最近金属3Dプリンターの造形需要は伸びています。しかしまだマーケットとしてはそんな大きなものではありません。

むしろ需要よりビューローの数の方が先に増えていて小さなマーケットの奪い合いに発展しかねない状況です。

とはいえ、金属3Dプリンターを使っていかねば・・という雰囲気がじわじわと上がってくることを感じます。

それにはGEが発表した金属3Dプリンターメーカーの買収のニュースだったり、その他日本の大企業様の方針の中にチラホラ金属3Dプリンターの事に触れ始めてきたからなのかもしれません。確実にマーケットが広がり始めているのを肌で感じます。

しかし、ここにきて重大な問題が発覚してきました。それは同じ金属3Dプリンターを使っていてもビューローによって品質が違うということです。その理由の一つにはパラメーターが各ビューローによって異なっていたり、使用する金属粉末が違っていたり、使用環境が違っていたりということです。中でも一番困るのが各社パラメーターが違うということです。これではマーケットも使いたくても使えません。

今の現状に例えるなら鋼材を買ったら購入先によって品質が違うという事と同じです。我先に・・・と争うことが先走っていますが、○○協会という金属3Dプリンターに特化した公の機関などで大雑把な情報交換なども必要な時期に入ってきたのでは感じます。

一番困るのはお客様なので。

マーケットの確立も重要課題ではありますが、安定供給というのも供給先の務めであると感じる今日この頃であります。

g_02_01