手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある

GEアディティブゼネラルマネージャーモハメッド・エテシャミ氏談

エテシャミ氏がこう話していてのはもう2年前。

あれから2年・・日本の金属3Dプリンター動向はどうなってのでしょうか?

私の独自調査によると金属3Dプリンターの販売台数は横ばいから少し落ちている状況。 “手遅れにならないうちに日本も積極的に行動に移す必要がある” の続きを読む

変化?金属3Dプリンターの情勢

金属3Dプリンターの造形事業は世間も企業もひと段落・・・ってところでしょうか?

あれほど世間を騒がし、展示会に出れば人の群れ。

金属3Dプリンター技術が産業構造を変えてしまうとまでささやかれてきましたが、それらの話も一周して金属3Dプリンターの力量を皆様が理解した。という雰囲気に包まれています。 “変化?金属3Dプリンターの情勢” の続きを読む

宇宙産業にとって必須の技術、金属3Dプリンター

宇宙航空研究開発機構 JAXAでは「少量多品種生産が得意な金属3Dプリンタは、人工衛星などの宇宙機で使用する部品に適した製造方法であり、将来の宇宙産業にとって必須の技術となり得る。」と位置づけています。

しかし現状では、金属3Dプリンターで造形した部品がそのままロケットや人工衛星に使える訳ではありません。まだ課題は山積みだと理解しています。 “宇宙産業にとって必須の技術、金属3Dプリンター” の続きを読む

金属3Dプリンター医療関係のオファー増加

弊社で取り扱う金属粉末材料の中にチタン64がありますが、生体適合性が高い材料になるため、最近医療分野からのオファーが増加傾向にあります。

機密上、病院名や内容までは証せませんが、このように医療からの要求が急速に高まりつつあるのかもしれません。

今現在、経済産業省の「サポイン」という補助金もいただきながら医療関係の研究をさせて頂いておりますが、今後注目すべき分野だと思います。 “金属3Dプリンター医療関係のオファー増加” の続きを読む

工場の整理整頓に、そして冶具の軽量化に3Dプリンター活用しよう

工場の機械周りや作業場周りには様々な工具や測定具、筆記用具やらスプレー缶などがある場合があります。

その企業、場所、工程などによって置いてあるものも大きさも様々だとおもいます。

3Dプリンターではそんな一品一様のカスタム整理BOXや冶具を3Dプリンターで造形し販売させていただいております。 “工場の整理整頓に、そして冶具の軽量化に3Dプリンター活用しよう” の続きを読む

ASTM規格で3Dプリンターを強化する取り組み

国際基準規格を策定する世界的機関であるISO(国際標準化機構)とATSM International(米国試験材料協会)は以前、急速に成長する3Dプリンター(Additive Manufacturing:)分野の国際基準規格策定のためのフレームワークを制定したと発表していましたよね。

ASTM規格とは世界最大規模の標準化団体である米国試験材料協会(ASTM International)が策定する規格です。 “ASTM規格で3Dプリンターを強化する取り組み” の続きを読む

金属3Dプリンター受託造形サービスは名古屋から

金属3Dプリンターの受託造形サービスはどこにでもある訳ではありません。

まだまだ設備も金属粉末材料も高いですし、完全に完成された工法とは世の中が認識していないので、爆発的に金属3Dプリンターを使ってモノづくりが始まってはいません。が・・

名古屋・・いえ、愛知には自動車産業、航空機、工作機械の企業様が多くあり産業が集積していて開発、研究、試作等が多くありますので金属3Dプリンターの活躍する機会は他県よりも多いのかもしれません。 “金属3Dプリンター受託造形サービスは名古屋から” の続きを読む

特殊品形状や特殊構造を作ることが得意な金属3Dプリンター

IMG_1335特殊品の定義は様々でしょうが、今既存工法では出来ない形状を作ることは当然不可能です。

それにより設計は制約を受け、本来の姿を失っているのかもしれません。

金属3Dプリンターでは特殊形状や特殊構造を簡単に造形することが可能です。写真のようなラティス構造の部品はいままででは想像もできなかったものだろうと思います。 “特殊品形状や特殊構造を作ることが得意な金属3Dプリンター” の続きを読む

金属3Dプリンター熱処理の秘密

以前から知ってましたが、金属3Dプリンター造形後の熱処理(時効処理)条件は非常に大事です。

これは金属3Dプリンターだけに限った話ではないのも分かりますが、金型等で使用する場合この熱処理条件の違いにより、その寿命が大きく違うことが分かってきました。

弊社の場合ですと熱処理は2っの方法があります。 “金属3Dプリンター熱処理の秘密” の続きを読む

金属3Dプリンタで迅速な試作

金属3Dプリンターでの試作品は年々増えております。

それは迅速な試作品を手に入れることができるからです。どの業界でも試作品の短納期化は進んでおり、通常工法では追い付かない場合に金属3Dプリンターを活用してくださります。

それでもまだ日本国内のお客様は金属3Dプリンターの技術を知らない人、または毛嫌いする人も多くそのマーケットの成長率はとてつもなく遅いです。 “金属3Dプリンタで迅速な試作” の続きを読む