中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ

株式会社J・3Dは愛知県名古屋市に位置しております。中京地区の金属3Dプリンターと言えばココって言って頂けるようになりました。

今現在名古屋から出向いているサービス地域は、愛知県、滋賀県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県、奈良県となっています。

もちろん全国でサービスをを受けれますが、頻繁に営業がお邪魔できる地域という意味です。 “中京地区の金属3Dプリンターサービスはココ” の続きを読む

金属専門3Dプリンター受託造形サービス

金属3Dプリンター受託造形サービスを初めて早くも6年が経過致しました。1台から始まり今では4台に増え取引会社も毎月増え続けています。

何よりもノウハウを積み重ねてきたこの6年。失敗も多くありました。お客様に怒られました・・・しかし、色々な造形品と失敗から信頼される金属3Dプリンター受託造形サービスになりました。 “金属専門3Dプリンター受託造形サービス” の続きを読む

金属3Dプリンター造形品を磨く

金属3Dプリンターで造形をした金属は写真のように独特な色を放ち(マルエージング鋼)この金属の皮を剥くとどうなるのだろう??とふと疑問に感じてしまう方も多いかと思います。

金属3Dプリンターで作った金属も実は立派な金属でして・・

削っても磨いてもしっかり金属の質感が出てきます。

皆様の心配する積層の目のような跡は全く無くなってしまいます。 “金属3Dプリンター造形品を磨く” の続きを読む

金属3Dプリンター造形+HIP処理しています

金属3Dプリンターで造形したものを更に確かな金属へする為に「HIP処理」というものがありますが、弊社でも協力していただいている企業様で「HIP処理」まで出来ます。

金属3Dプリンター造形品は試作品の域を中々出ずにおりました。今もなお同じです。その理由が疲労強度なのです。

金属3Dプリンターで造形した金属の組織は柱状晶になりますので、疲労強度が弱くなると言われていますが、HIP処理をすることにより内部構造的にそれは消え金属としての全ての強度を満たすことが出来るのです。 “金属3Dプリンター造形+HIP処理しています” の続きを読む

アルミニウム金属3Dプリンター造形絶好調な推移

アルミニウムの金属3Dプリンター造形をスタートさせてから年々アルミニウムの引き合いが多くなってきました。

しかし、お客様のご要望が造形ルールに当てはまっていないものが殆どで、打ち合わせ等をさせて頂きながら進めて行こうと思います。

まずはお客様にも金属造形ルールを知っていただきたいので→金属造形ルール

アルミニウムの造形は今までの造形と異なり少し工程が増えます。レーザーを照射して溶かすまでは同じなのですが、固まるのが早いため造形ステージを200°まで暖める必要があります。 “アルミニウム金属3Dプリンター造形絶好調な推移” の続きを読む

やはり日本は大きく遅れていた

先日、3Dものづくり普及促進会の5周年記念イベントでセミナーが開催されました。

弊社も2名で参加させていただき、メンバーの皆様とそしてご来客の方々と意見交換などをさせていただきましたが、日本に於ける金属3Dプリンター技術の普及はやはり相当遅れているようです。

一方で、アメリカ、中国では普及の速度が年20%のアップということで、新たなものづくりの枠組みがスタートしています。 “やはり日本は大きく遅れていた” の続きを読む

金属3Dプリンターで量産は可能なのか?

ここ最近、お客様から金属3Dプリンターを使用して量産はできるか??と聞かれますが、現段階での見解を申し上げますと、大量生産は不可能?です。

できない理由はいくつかあります。

一つに価格の問題です。 大量生産は価格にも直結してきますので、現在の工法より安くできなければ意味がありません。それも踏まえて検討すると、1台1億近くする設備での大量生産はあり得ません。 “金属3Dプリンターで量産は可能なのか?” の続きを読む

自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け

金属3Dプリンターの受託造形の仕事の大半が自動車産業が中心になっています。

というと・・期待してしますよね??

今後自動車産業でもっと金属3Dプリンターが使われて行くのかも??と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、実態は少し違います。

まずは量です。 “自動車産業での金属3Dプリンターの位置付け” の続きを読む

金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる

先日開催されました「Tech Biz 2019」でも医療機器関連の講演をさせていただきましたが、金属3Dプリンターの医療機器への感心が高まっているように感じます。

もう、皆様ご存知のように金属3Dプリンターは一品一様の製品を作ることに長けています。

逆を言えば自動車産業のような大量生産には不向きな工法です。 “金属3Dプリンター 医療機器への期待高まる” の続きを読む

日本最速試作品製造の製造方法とは?

最速の金属試作品の製造方法だと思いますか??

切削加工??鋳造?ロストワックス?MIM?

色々な既存工法もございますが、実は最速は金属3Dプリンターなのです。

金属3Dプリンターの能力を最大限に生かすには納期というアドバンテージを忘れてはいけません。

小さな部品でも、大きな部品でも実は少量の試作品を作るスピードは金属3Dプリンターになります。「いや・・そんなことはない!うちの加工は早い」とおっしゃる企業様もみえるかもしれませんが、実はこれにはカラクリがあるんです。

スクリーンショット 2015-05-21 13.26.56

腕のいい職人さんがいる企業様がいかに早く加工できようとも・・・材料の入荷やプログラムの作成などの時間が発生してしまいます。金属3Dプリンターでは材料は常に手元にあるので注文を受けた数時間後には造形がスタートし、早いもので数時間で完成してしまいます。だから最速なのです。

しかも、金属3Dプリンターの場合複雑な形状は価格には反映されません。むしろ複雑であればあるほど機械加工よりも早いと言うメリットもあります。

造形品の価格はあくまでもかかった時間と材料費のみになりますので複雑なほど付加価値はあがり貢献できます。

納期が早くなれば開発も早く進みます。それが金属3Dプリンターの最大の効果なのかもしれません。

しかし。。全ての部品を金属3Dプリンターで造形できる訳ではありません。苦手な形状もありますし、造形できない形状もあります。また、ノウハウも必要になります。

しかし、それらを引いてもこの最短納期というアドバンテージを使わない手はない。出来る部品だけでも効果は十分にあがります。

ただし、価格もそれなりに高くなってしまうデメリットもあることは否めません。

S__1998850